美しく痩せたければ、我慢しない、制限しない、頑張らない、自分に嘘をつかない

IMAG1350

 

以前のダイエットでは、

いくら食事制限しても、置き換えダイエットに高いお金払っても、

はじめのハイテンション期が過ぎたら、食べられないことにイライラ、、、。

 

しばらくすれば決まって食べちゃダメなものばかり食べたくなって、

結局どこかでやけになってリバウンドするのがオチでした。

 

ある日またダイエット熱に浮かされながら、ふと思ったんです。

今まで何度ダイエットしても効果が出ないということは、、、これ、もしかして、

めちゃくちゃシンプルなことだけど、、、、ダイエット方法が私に合ってないんじゃないの?

私、やり方間違ってんじゃないの、これ?

続きを読む

ダイエット中にジムさぼりたくなったら、、さぼるのが秘訣

IMAG1227

ジムをさぼるとか、続けていることを中断する、って案外抵抗があるんですよね、私。でも私が今やっているダイエットの基本は、我慢しない、無理しない、自分にウソつかない、ですから、やりたくない時はやらなくていいんです。というか、むしろやっちゃだめ♪

なんだけど、これがつい、、、。

「昨日まで三日連続頑張ったし、今日も行った方がいいよね、やっぱり。行きたくないけど、気分のらないけど、やっぱり行った方がいいよね!!!!????うん、絶対行くべきだわ、分かってる、でも行きたくない―!!!」

なんて苦悶してしまう。

やめとけーーー、行くのやめとけーーー。行きたくないのに行くのやめとけーーー。

続きを読む

他人がすぐ横にぴったりと寄り添ってくる。台湾人の不思議な距離感

IMAG1356

人には、パーソナルスペース、なるものがあります。

身内や彼氏彼女になるとピッタリ寄り添って歩くけど、知らない人との距離は自然と離れています。これって、普段意識していないのですが実際に他人が自分の無意識のパーソナルスペースに入ってくると、不快感を感じます。電車とかで近くに人が経つとちょっと警戒心がはたらいてさりげなく離れたリしませんか。

このパーソナルスペース、自然と身についているものですが、国によっても距離が違います。台湾は、めちゃくちゃこの距離が近い。というか、むしろあなた私の身内ですかレベルに近づいてくるのが台湾人。ガラガラの電車に乗っていても、ふと気がつくとあり得ない距離に知らない人が立っている。横や前に来てくれたらすぐ気づきますが、案外上手に斜め後ろぐらいの死角に立っているものだから、ふと気がついてホラー映画のようにゾッとすることもあります。ふと気配を感じて後ろを見たら、触れ合うほどのところに他人が立っていて、目を見開いて二度見してしまうのは「普通」の出来事です。そう、ガラガラの車内で、です。

続きを読む

さっそく夏バテしたので、台湾茶茶漬けと自家製梅干し

DSC00017

台湾は暑くなりました。マンゴーも不作なりに街にあふれているし、おじさんもおばさんも、山盛りのかき氷をほおばって、お腹を冷やしています。

おかんが来たり、美味しいビールにはまったりで暴飲暴食してたら、ちと胃が元気になくなってきました。食べるのが面倒くさくなって、なんだかカワクルしくてお腹すいてるけど食欲がないって時は、夏バテ。まだ入口ふきんにいるうちに、さっさと元気になりたいので、ここは迷わず台湾茶茶漬けです。

去年の夏バテ時に何気なく食べて、一気に夏バテ回復したすぐれもの。

続きを読む

朝パッと起きられないなら、「しなくちゃ」に憑りつかれているかも

IMAG0568

台湾の人たちってお金儲けも大好きだけど、反面、今あるものを楽しむこともとても上手。

だから、「普通の暮らし」をそのままに楽しむことがすごくうまくて、見ているとこちらも生きることって、幸せってなんだろうと考えさせられる。お金のために働いて、家族と時間がかみ合わずすれ違って、そうして稼いだお金は家や服や物、そして年に1,2回の一番高い時期の旅行代金に消えてく、なんて暮らしをしたいと思う人はいない。でも上昇志向は強い。そこのバランスをどうやってとっているのかというと、その時の気分にしたがって、という感じなんだよね。

タクシーの運転手さんと話していると、「今は家族と過ごしたいから、時間が自由になるこの仕事をしてるんだ」なんて人が結構いて、前職を聞くとなかなかどうしてエリートだったりします。転職が当たり前という土壌もあるけど、こうして自分の人生の中で何が大事か判断して、自分で選ぶという考え方、台湾に来てハッとさせされる。 続きを読む

台南には新幹線で1時間半。台南の素敵なお宿「包成家」

IMAG0526

台南の旅、予想をはるかに超えて楽しかった!!

台南震災の風評被害を少しでも減らしたい気持と、台南に行ってみたい気持とで、日本から台北に戻って来てすぐ、予定を何も決めずに気楽に出発しました。

台北→台南の新幹線(高速鉄道、略して高鉄)は、本数も多く、乗車時間も1時間半から2時間弱。あっという間に到着という感じでした。

続きを読む

台南地震の復興のために私にできること、、、遊びに行くこと!!

IMAG0324

台南地震の時、私は東京で寝込んでました。

たくさんの方から大丈夫メッセージをもらって、深刻な状況なのかと心配していましたが、状況は回復しているようです。でも生々しい報道で心配になった方々が、スケジュールを延期したり、中止にしたり。観光が大きな収入源の台南にとって、そのことが2次災害、という記事を昨夜のFBで読みました。 続きを読む

内海聡医師の病気合宿に参加してみたら、すごかった

IMAG0464

2月8日~10日、内海聡医師の「病気合宿」という2泊3日の勉強会に参加しに、伊豆高原に行ってきました。もうね、すごかったですね。いろんな意味で。

偶然FBで見つけた情報で、私が興味を持っていたらてらきちさんも「行きたい!」ということで、二人で参加してきました。何かある予感はしてましたが、やっぱり場に足を運ぶってすごく大事なことなんですよね。

続きを読む

冬から春にデトックスする、大人の苦味

IMAG3455

台湾の冬は寒くて雨ばかりが続きます。1月2月はとくにそう。薄手のダウンが必要なのは、風が強くて冷たいからだし、雨が続くので足元のおしゃれなんてもってのほか。そんな中で素足にサンダル(上着はダウンジャケット)という不思議な人を良く見かけるのが台湾の不思議。

ついこの間まで暮らしていた京都の里山では、たしかに冬は底冷えがする寒さで、雪は降るしずっと曇りだし、寝るときなんて空気が冷たすぎて鼻がキンキンするぐらいでした。とくに古民家は広いし、空気の通りが良くて寒いものですよね。それでも3月に入ると雪がとけて、フキノトウが顔を出します。

季節というのは、場所によってまったく感じ方が違うものですね。でもその場所それぞれのリズムがあって、そこでの暮らしを繰り返すうちに体と心がそのリズムをつかんで、季節の準備が整ってくるようになるものです。そのきっかけになってくれるのが、そこで育つ野菜や野草。春は苦みと言いますが、その苦みが春のデトックススイッチを入れてくれるのです。子供のころは美味しいと思わなかった苦味を、大人になると楽しめるようになるのは、味覚が育つということもあるのでしょうが、子供のころよりもデトックスが必要になったということなのかも、しれませんね。

 

ふきのとうの苦味の美味しさが分かるようになるんだから、デトックスが必要な大人になるのも、いいものです。

おすすめ!!冬のあったか美味しい台湾デザート!

IMAG0063

台湾の冬のデザートは、それはそれは魅惑的。温かくてほっこりと甘くて、優しく体に染み入るようで、それはそれは、台湾そのもののようなスイーツ。

懐かしい小豆のお汁粉でさえも、なんだか優しくて滋味深くて、甘さは意外と控えめで、びっくりするような丼にいっぱい注がれていても、気がつけばぺろりと食べてしまいます。デザートまで美味しいって素敵。

続きを読む

近所で美味しいものが気軽に食べられる台湾暮らし

IMAG0357

ローカルで美味しいものをご紹介するときは、家の近くのお店に行くようにしています。このあたり、住宅街でお店は多くないのですが、住み始めて10カ月もなるとあちこち美味しいお店が見つかってきました。その中でもおススメのお店が閉まっていたら、次のチョイスはここ!と言えるぐらいには選択肢もあります。でもこれって、台北のどこでもそうなんです。住んでいる近くで美味しいお店、信頼できる店を見つける楽しみがあります。

続きを読む

満月生理と新月生理。生理期の違いってなんだろう

IMAG3576

半年ほど前に何気なく手帳をさかのぼっていて、生理が毎月●のマークに重なっていることを知ってびっくりしました。私の生理って月のリズムとぴったりだったんだ!

そしてじつは私、この時までカレンダーの月齢のあの●って満月だと思ってたんです。だって、満ちてるっぽいじゃないですか、黒で塗りつぶされてるから。でも本当は新月の記号だったと知って、驚愕。ということは、私の生理は毎月新月と共になんだなぁと、初めて知ったのです。

続きを読む